音楽講師の選び方


これまでいろんな音楽レッスンの仲介をしてきました。KMCは仲介だけを目的にしている業務をしています。仲介成立後はレッスンには関与しない形を取っていますから、レッスンが継続しているのかそうでないのかは全部を把握していませんが、講師にお会いするときに「●●年前にご紹介いただいた●●さん、まだ頑張ってレッスンしていて、すごく上手になりましたよ!」というお話をよく聞きます。

正直生徒さんを全員覚えていないので「・・・えっと、、、あー●●さんね!今でも頑張ってますか!よかった!」って感じではありますが、メチャメチャ嬉しいです!

先日は僕がやっているお店にとあるボイストレーニングの先生をご紹介した生徒さんがわざわざ立ち寄っていただいて「ホントにあの先生最高です!KMCさんには本当に感謝しています!」って家族全員で来ていただいたこともありました。

こういうお話に上がる先生や生徒さんの共通しているところ、それは先生も生徒さんもよくおしゃべりすること。お互いによく話し合いができている関係なんです。二人で飲みに行ったりもしちゃえばもっと良いですね!

とあるウッドベースの先生はしょっちゅう生徒さんをご自宅へ招いて宴会とかしてます。生徒さん同士も仲良くなっちゃう。

講師選びには相性が最も重要だと思うんです。一番感じるのは、生徒さんがわからないところがあったときに「先生、今のところわからないから、もうちょっと説明してもらってもいいですか?」とか「疲れたからちょっと休みたい!」とか、自分の意志をちゃんと話せているかどうかだと思うんです。そして先生もそれを受け入れているかどうかなんです。

今度仲介する予定のギターレッスン希望の生徒さんは「話してるだけで面白い先生がいいな~。お酒一緒に付き合ってくれる人とか。。。」というリクエスト。これ一見真面目にレッスンするつもりあるのか!って思われてしまいそうな発言ですけど、僕はこの考え方とても良いと思っています。

音楽レッスンは何よりも継続。継続が大事です。先生に付けばすぐにうまくなるわけではありません。じっくり回数を重ねて考えながらコツコツとやっていけば必ずうまくなります。そうするためにもお話のしやすい相性の良い先生を選べるようにお手伝いしたいと思っています。

head_logo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です