レッスン仲介のこと


最近、レッスン仲介件数が多くなってきています。

連日仲介に足を運んでいますが、申込件数が多ければ、それなりに仲介にならない話も多いわけで。。。

というのも、楽器のレッスンをとても安易に思ってしまう方が多いんですね~。

楽器を持っていないし、購入する予定もないけどレッスンしたい、

音がきれいだから一度やってみたい、

1回あたり1,500円くらいでレッスンしたい、

何かしたいけど何をしていいかわからないままヤミクモに申し込んでみたり。。。そういう方もいます。

あと、意外と多いのが「女性講師じゃないと嫌だ」という男性。。。

それって音楽が目的じゃないんじゃないの?っていうケース。結構多いんですよー!

そういう時は、どうして女性がいいんですか?と聞くと、連絡取れなくなったりしちゃうんですよ。

怪しいですよね。こちらとしては講師側も僕にとってはお客様ですから、ちょっとでも怪しいと断っちゃいます。

できるだけお話を聞こうと思って、良いアドバイスをしたいんですけど、きちんと話をしようとすると今度は避けられてしまったりと。。。連絡1つ取るにも意外と苦労したりしちゃいます。

楽器のレッスンをするなら、どうせするなら一生懸命やって欲しいですよね~。

先生だって一生懸命教えてくれるんですけど、「そんなに面倒ならやーめた!」みたいな。。。

それなりの意気込みが必要なんですよね~。

情報が多すぎる世の中ですから、すべて安易に考えてしまう傾向が強まっている気もしますな。

そういうのも含めて、これからも色々と良いアドバイスができるようになりたいな~!

VIEW THE MUSIC-音楽レッスン仲介KMC

「レッスン仲介のこと」への4件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    パソコンを高齢者に教えたことがありますが、目的もなく「今どきパソコンぐらいできないと」とか「周りがやっているから」という理由で始める人は途中でダメになりますね。
    パソコンにしても楽器にしても単なる目的のための道具にすぎないわけで。
    楽器の場合は床の間に飾って満足するというのもアリだとは思いますけど。
    でも楽器が可哀想ですが。
    「どんな曲を演りたいか」という目的さえしっかりしていれば、年齢が幾つだろうが他人に頼らなくともできちゃうものですよね。
    その辺があいまいな人は残念ながら切り捨てるしかないのでしょう。
    きっかけを作ってもらうことはあっても目標なんて他人に立ててもらうもんじゃありませんから。
    むしろ途中で挫折するぐらいなら最初からやらない方がその人にとってもお金や時間のムダになりませんしね。
    ましてや出会い系と勘違いしてる人なんか・・・同性として情けない限り。
    てなわけで現在私は積年の目標だったチャップリンを弾こうと格闘中です。
    首いてー(>_<)

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >HC爺ちゃんさん
    ま、そうですね。
    でも女性の先生がいい!なんてのは意外にも若い人でない人にもいるんですよ~。
    ただ、講師を何かの道具とか、俺がお客さんで講師はサービス業、と考えてしまう人は多いですね。昔のように師弟関係ってのは薄れている感じです。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    >mezzoさん
    ほんと、出会い系と思っている人は閉口しますわ。挫折しそうな人、というか本当に曖昧なまま始めようとする人、説得してやめさせることもあります。どんな人でも受け入れる営利主義の音楽教室もそういう考えを生みやすくしているのかもです。。。なんてよそのことを悪く言っちゃいけませんけどね~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です